〒144-0035
東京都大田区南蒲田1-20-20
​大田区産業技術プラザ(Pio)2F bizbeach

Tel: 03-6428-7688

Fax: 03-6428-7689

​最新ニュースをメール会員で受取ることができます!

© 2023 by Deerfield Farm. Proudly created with Wix.com

「キノコ」で創る都市農業の和

私達は「都市農業」で喜びを生み出すキノコLaboです

CCALのlaboとは収穫して販売する農家ではなく、
きのこを共に収穫する喜びを生み出す工房です

従来は資源から、ものを作り消費し捨てておりました。

その資源を再び利用し、キノコ(菌)野菜、建材(バイオネットワークマテリアル)を作る工房です。
 

大田区商圏内の課題である、使われなくなった、空家を食物栽培工房として活用します。


飲食店のコスト負担である、原料搾りかす等の産業廃棄物を,

きのこ栽培の原料として再活用し、大田区ブランドの食材・加工品として提供する、

新しい都市農業法でキノコを活用します。

シェアきのこ園

飲食店向けのレンタル栽培スペース
菌床10個コース(栽培代行込み) 

きのこ​栽培コミュニティー

月額会員制の栽培コミュニティで栽培キッドと栽培ノウハウの提供、コミュニティサイトで情報共有
「空家」+「きのこ」=💡

X 資源→ものを作り消費→捨てる

⬇︎
O 再び資源利用、無駄なし

「循環型経済+農」
||
【持続可能経済社会を目指す】
Creative City Agri Labo
SDGs型ECO農業
||

​都市農業

食品廃棄物を活用した
きのこ栽培

商圏内飲食店へ提供

収穫後菌床➜良質肥料へ

食品廃棄コスト削減

商圏内で空施設、空家が

きのこ栽培工房

使われなくなった施設、空家を活用

商圏内で空施設、空家を
食物栽培工房として活用

地域循環経済の創出

工房の地域活用による人材雇用の増加

栽培管理・営業をユーザーある主婦の方と

飲食業、食品業等のニーズを直接聞き、マーケティングの元商品開発

ミッション:SDGs型ECO農業


国連が掲げた持続可能な開発目標を
解決する循環経済農法

食料廃棄物・食材調達コスト削減
「自社ブランドきのこ農園」を利用

・ビール生成時の食品廃棄物であるビール粕を使ったきのこの元(菌床)を、近所の空家の自社ブランドきのこ農場で食材生産。

・調達にかかる運送コストも削減

・使い終わった菌床をホップ・大麦の肥料として提供し、調達コスト削減

農業生産でレストランの収益UP

​Facebookグループで

CCALの最新情報を発信しております!

お問い合わせ